2011年03月04日

吃音3週間改善ガイドブック 感想 効果など

吃音.PNG



吃音3週間ガイドブックの口コミや効果などを

一部抜粋して紹介します


・何もしないよりましかと思い、ダメもとで購入しましたが効果が実感できました

・発音方法に驚きましたが、毎日続けていると1ヶ月くらいで吃音が改善されてきました

・毎日少ない時間でトレーニングできるので負担を感じることなく続けられます

・2週間で何となく吃音が改善された気がします。短時間でできるので助かります

・毎日続けていると訓練のおかげか、どもる事が少なくなってきました

・毎日無理なく続けられるところがよかった。1日7分で16日くらいで効果がでました。

・2週間続けた時くらいから少しずつ効果が出てきました

・家庭にあるものを使ったトレーニングはユニークでした。そして効果も♪

・一日にかかる時間が少ないので負担なく続けられます。出にくい言葉も出るようになりました

・1日7分なので続けられます。効果も少しづつでてきました。




以上、購入者の感想、効果の紹介です



1日たった7分のトレーニングで効果があるのが

このマニュアルの凄いところですね


返金保証がついているので安心して購入できます


詳しくはこちらから

⇒吃音3週間改善ガイドブック




【関連する記事】
posted by ポンチ at 17:02| 吃音改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

吃音の原因


吃音の原因についてはいろいろな説がありますが

もっとも一般的にいわれているのは 幼児の言語発達に伴って発生するという説です

幼児が言語を覚える時、3,4歳になると発語意欲が旺盛になって積極的に話そうとしますが

発語器官がまだ未熟なために上手く話せなかったり、どもる状態になる事は珍しいことでは ありません

これを生理的吃音といいます。子供自身は意識せずに自然とその状態から抜け出しますが

母親などがその状態をみて、吃音ではないかと心配して治そうとして

語音を何回も発音させたり、しかったりしてしまうことがあります


これがかえって子供に焦りや不安、恐怖などをあたえてしまい、ホントの吃音になってしまうことがもっとも多いのです

生理的吃音の状態になったときに適正な指導がもっとも大切なのです
ラベル:吃音の原因
posted by ポンチ at 10:00| 吃音改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

吃音とは

吃音とは 言葉が流暢に話せずにどもる状態をいいます

話し始めや話の途中で関係器官(喉頭、舌、唇、横隔膜)にけいれんがおこり

言葉がつかえてしまったり、引き伸ばしたりする状態になってしまいます

これに併せて顔が紅潮したり、汗をかいたり、脈拍が早くなったり、異様なまばたきをしたりすることがあります
posted by ポンチ at 10:00| 吃音改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
吃音(どもり)3週間改善ガイドブック 感想 効果」の先頭へ[PR]SEO対策ブログテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

FX取引